メインイメージ画像

電報、祝電の正しい書き方を教えて

電報と言えば、テレビドラマでよく見かける時代設定が少し遡る昭和の一場面。短い文章でメッセージを伝える伝達手段でしたね。しかし近年ではメールをはじめとして簡単にコミュニケーションが取れるなったため、普段に電報を使う事は減ってきました。しかしながら、おめでたい席での電報はやはり嬉しいものです。結婚式の祝電や入学式、卒業式、または銀婚式など人生の節目には必ずと言っていいほど電報が用いられます。

また、お祝いの席でこの送った電報を読み上げられる事によって、本人や家族、友人も懐かしかったり、誇らしかったりします。

この大事なシーンに使われる電報ですが、もらう方の気持ちを考えて出すのにも、やはり日本人特有のマナーが存在します。結婚式などの祝電のケースは、やはり披露宴に間に合う様にきちんと届いているかとか、内容も新婦側の友人だと旧姓で送付するのが一般的です。これが人事や就任で送るビジネス用の祝電ならば、必ず辞令を受けた後、7日以内にお送りするのがマナーだと思います。

また祝電の内容も縁起の悪いものを連想させるような言語は避けなければいけません。

今はインターネットでも多くの文例集が検索できます。それを参考に自分なりの電報の文章を考えたりする事も楽しい行事の1個となります。電報を送ろうと決めた瞬間から、すでにお祝いが始まっています。少ない文章でどうやって相手にお祝いの気持ちを伝えるか。これもまたいつものメールとはいつもとは違う伝達方法なので、思い出に残る作業と言えるでしょう。

最近では、電報の様相も随分様変わりしました。ただ単にメッセージのみではなく、メロディー付の電報であったり、キャラクターを使用したぬいぐるみの電報など可愛い電報も 続々登場しています。若い人には若い人が親しみやすいデザインだったりカタログ付の台紙を使用したりお祝いの内容に応じて様々な楽しい電報が増えました。日頃の感謝のメッセージを伝える大事な日に送る電報や祝電は今でも大事なメッセージとして欠かせないものです。