メインイメージ画像

電報に関して、マナーの必要性を紹介します。

近頃ではスマホ、携帯電話の普及により、いつでもどこでもすぐに連絡が取れるようになりました。そのことから、電報は緊急の連絡手段として用いられることは減少してきています。しかし、現代でも祝電や弔電として、冠婚葬祭の場で用いられることはあります。ただ、電報を普段からよく使っているという人はあまりいませんので、マナーを知らない、という人も多いです。せっかく電報を使って、礼儀正しくメッセージを送付しているのですから、しっかりマナーを守って、受け取り主を満足させてあげたいですね。

電報のマナーとして最重要なのは、送る日時です。例えば、結婚式ならば必ず披露宴の開始までに届くようにしたいですし、お葬式の場合、お通夜までに届くようにしたいです。電報の場合、送る日時を事前に予約しておくこともできますから、電報を送ることが決まっているのなら早めに手配をしておくほうが良いです。しかし、あまり早すぎると、受け取る側を困惑させてしまうので、マナーとして悪いので注意しましょう。

また、受取人の名義や肩書きを間違えないようにするのも大切なマナーです。

結婚式の場合は旧姓で送る、お葬式の場合は喪主の方へ送る、昇進祝いは昇進前の肩書きで送るなど、状況ごとに決まったルールがありますから、事前に調べておきましょう。他にも、電報の中身についても、雰囲気に応じたマナーが存在します。例えば、結婚式ならば、別れを連想させるような物言いは避けなければいけません。できるだけおめでたい言葉を意識したほうが喜ばれるでしょう。

また、お葬式ならば痛みや生死といった言葉は避けましょう。ますます、重々など同じ文字を続ける表現も、不幸が続くことを想像させてしまうので避けたいです。

電報は短文のメッセージですから、その分、一言一句をしっかりと読まれます。マナーを知らなかったでは済まされませんから、初めての電報ならば、電報に慣れている人にチェックしてもらうのが得策です。